Green Park Yoshimine

越中瀬戸焼について

 越中瀬戸焼の里、上末は陶土に恵まれ平安時代はじめより、須恵器を焼いた日本でも有数の古窯です。桃山時代、文禄・慶長年間には、加賀藩2代目藩主、前田利長公の保護を受けた尾張瀬戸の彦右エ門・小二郎・孫市・市右エ門・長八らが窯煙を上げ、新たな瀬戸村が誕生しました。しかし、明治・大正時代と進むにつれて多くの窯は瓦業に転じ陶器製業は廃れました。
 その後昭和時代に入り地に入り地元有志の発意によって、瀬戸焼保存会を設立し、陶器製産を復活させ、現在では、4つの窯元が作陶を続けています。

展示のご案内


 エントランスでは越中瀬戸焼の歴史に触れながら、現在この伝統を受け継いでいる4件の窯元の5人の作家のたちの作品を展示販売しております。

1954年立山町生まれ
1975年釋永庄次郎より庄楽窯を継承
1976年備前・金重素山氏に師事する
1979年~韓国の利川窯・聞慶窯・清州窯にて作陶
ハンガリー国際陶芸フェスティバル参加

1961年父四佐吉の四男として生まれる
1978年石川県の九谷焼東製陶所にて東邦昭のもとで修行に入る
1985年富山に帰り、家業の四郎八窯にて作陶に入る
1988年自ら登り窯を築窯
1995年いってこい窯を築窯
2004年越中陶の里陶農館の講師となる

1970年富山県中新川郡立山町に生まれる
1992年京都精華大学 造形学科陶芸部 卒業
1993年滋賀県立 信楽「陶芸の森」研修生
1994年京都市工業窯業試験所 研修生
1995年富山県に戻り家業を手伝う
1997年~個展 数回
2010年3代目香岳襲名
陶芸教室「陶翆会」主宰

1976年立山町生まれ
1996年京都府立陶工高等技術専門校 修了
2001年個展活動を開始。
富山、金沢、京都で開催
2009年柿傳ギャラリー(東京)にて個展
2010年第1回金沢・世界工芸トリエンナーレ出品

1977年富山県富山市に生まれる
2000年陶の里陶農館にて作陶開始
2002年富山県富山市の自宅にて作陶
江戸時代初期~中期の越中瀬戸焼に感銘を受ける
2005年故 中里逢庵(13代中里太郎右衛門)先生にお会いする
2006年唐津焼 中里太郎右衛門窯にて修行
2008年~韓国白磁窯跡 牛山里、金沙里、分院などを巡る
2009年中国窯跡 定窯、磁州窯などを巡る
2010年唐津より富山にもどる
立山町現住所に穴窯を築窯
2011年枯芒ノ窯と命名し、初窯を焚く

館内のご案内

陶芸室

登り窯

お茶室

グリーンハウス

ショップ[立山ブランドの商品販売]

ショップ[農産物などの野菜販売]